springfeeling -e_Li2CO3 on twitter blog

e_Li2CO3のイラスト保存庫です。

08« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»10

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[edit]

trackback: --  /  comment: --  /  スポンサー広告

メイキング 

ちょっとTLで話が出たので、自分の作業工程を覚書程度にまとめてみました。
アイコン描くついでということで。

一応脳内AC3主。
うちのAC3主は女の子です、どうしてこうなった。


んでは作業まとめ
ついったーでつぶやきそこねたことも足していきたいなーと。

【1:下絵】

メイキング1

クロッキーにらくがきして、ペン入れしたものをスキャナーで取り込みました。
取り込みは基本的にデータ入稿できるサイズ(350~600pxl)で取る癖がついてますが
ネットに上げるだけならそんなにいらないですよね。200とかでも十分ぽい。

パソコンをあんまりつけておえかきしない…というか、紙に落書きすることのほうが多いので
大体の場合紙に描いたラフを取り込むか、紙にペン入れして取り込むかしてます。
オールデジタルのほうが効率的なんでしょうけど、アナログ人間なもんで…
適当に紙に描いたほうが上手く描ける気がするマジック。

ちなみに鉛筆線のラフを取り込むときは
暗めにして、線が全部拾えるようにして取り込んでおきます。

取り込み作業はPixiaでやってますが、フォトショ使える人はそのほうがいいんじゃないかなーとか。


【2:線画調整・トリミング】

メイキング2

ここからSAIで作業。
「キャンバスを開く」でさっきの線画を開いて、線がきれいになるよう明るさとかコントラストをいじって調整します。
白いところが白くて黒いところが黒くなればおわり。ゴミがあったら消しておきます。
少し大きめの解像度でやって、あとで縮小すると粗をごまかせますw

今回は背景に空を入れたいなーというのがあったので、左右と上下に少し余白をとりました。
キャンバスのサイズ変更、で広くすればできます。

色を塗るので、線画を透過しないといけません。
「輝度を透明度に変更」で、白いところが透明になりますので、ぽちり。

作業するのに適当そうなサイズ(今回は横1600・72pxl)に調整します。
大きめにしておいて完成の時に縮小すると粗がry

メイキング2.5

肩に入れておいたボディペイントのマーク(タトゥーシールという設定ですw)がいまいちだったので、AC3ロゴっぽいのに描き直しました。
上にレイヤー重ねて鉛筆ツールで。
同じような色に合わせて、元のマークを消して、レイヤー結合しておきます。

…線画のレイヤー結合ですが、
アナログだとともかく、デジタルで線画を作ってるときは
パーツごとにレイヤーを分けて、そのままフォルダつくって纏めて統合しないで塗っちゃうことが多いです。
あとで線画の色を調整することもあるので。
デジタルだとそのほうが賢い気がします。


【3:下塗り】

メイキング3

塗ります。
肌色のところは肌色で、髪は髪の色で塗ります。

この時に「選択ペン」とか「範囲選択(棒のさきにピカピカみたいのがついてるあれ)」を使うと早くていいです。
範囲選択で、線画がつながってるとこは選択できます。
つながってないところは選択ペンで埋めてから選択すると、私みたいに線をくっつけないで描くことで画力をごまかそうとするタイプの人は早く済んでいいんじゃないかと思います。
こんなかんじで。

メイキング4

それでも髪の毛先とかフォローしきれないとこもあるので、
そういうのは選択ペンで全部選択してから塗りつぶすか、鉛筆と消しゴムでちまちま塗ります。w
このへん一番作業用BGMが欲しくなるけど、作業用BGM探す作業してると作業が進まない罠。

色のレイヤーは全部分けます。
髪・肌・服・白目・黒目、と、必要なだけ。
白い服とかも、あとで影付けたり背景との兼ね合いがあるので塗ったほうが後々早いです。
色は塗り忘れを防ぐためにちょっと濃い目でつけてます。
全く違う色でやる人もいるみたいですが、
私は色彩センス欠如気味なので、近い色を置きながら様子を見てます。

今回は、黒髪なので髪は紫で。

メイキング5

色を置くついでに、背景を青空にしたいーと思っていたので、適当にそれっぽく。
全然それっぽくないですが…
太陽光は水色を発光レイヤーにしてのっけてます。
発光レイヤーは白じゃなく、それっぽい水色だとか、キャラのイメージカラーだとかでかけると、雰囲気出ていいみたいです。

メイキング6

白目部分、黒目部分は、選択ペンで塗りつぶしていきます。
白目と黒目はレイヤー分けたほうが後の作業が楽かなーとか。

白い服は、水色とかで塗りつぶしてから色相・彩度・明度をいじって(明度を上げてw)白くしときます。
他、髪とか肌とかもそれなりに淡い色に調整して下塗り終了。
調整の時はレイヤーの透明度はいじらず、色相彩度明度をいじってごまかします。


【影付け】

メイキング7

影をつけます。
今回は肌から。
光源がはっきりしてるのでそれっぽく塗ります…

影を塗る時は、ベースにある色を少し彩度・明度を低くして
カラーのぐるぐる輪っか(色相)を少し紫の方に寄せると、綺麗みたいです。
しいさんに教えてもらったテクニックです。

肌の場合はあんまり彩度が下がっちゃうとくすんでしまうかもなので、そのへんはお好みで。
やみさんの絵見てたりすると、結構赤紫っぽい色で肌に影入れるのもきれいだなあと思います。

そうやって作った影の色を、ベースレイヤーの上にレイヤーを作って、
「下のレイヤーでクリッピング」して重ねて、レイヤーモードは「通常」で塗っていきます。

昔は「乗算」で影をつけていて、それも綺麗なんですが、私は今のほうがすきかなあ…

肌は全体にふんわりかかる影・特に濃いところ(髪の生え際・鼻・首の下等)・さらに濃いところ…くらいでだいたいかけてます。
ふんわりした影はエアブラシの一番左(一番ぼけるやつ)で、
髪の先や、服の影など、くっきりした影は右から2番目のブラシを使います。


メイキング8

髪の影をつけます。
まずは上(光源)→下にかけて、下が暗くなるように大きいエアブラシでグラデーションをかけて、
さっきと同様、影の色を作って、影っぽいところに入れていきます。
髪の場合はシュッとした感じが出したいので、常時ブラシは右から2番目で。
影っぽいところに適当につけます。
髪も肌と同様、2段・3段とレイヤー重ねることもありますが、今回はめんどかったのでやってません…

光が強いので、そこ中心に光を入れます。

メイキング9

特に光が強いところは、白でエアブラシで発光レイヤー入れたりとか。

あとは髪の流れとか、所謂天使の輪に沿って、水色で発光レイヤーで光の筋を入れていきます。
適当に透明度を調整して、いいかんじのところで止めます。


メイキング10
目を塗ります。
白目のレイヤーにも影を入れて、
黒目のレイヤーはおおまかにグラデーションになるように塗った後
瞳孔のところだとか、影になるところだとか、を濃く塗ります。

後は水色で発光レイヤーをry
目の場合、目線の方向に光を入れると、そっち向いてる感が出る気がします。セオリー的に正しいかどうかはわかりません。
後は虹彩のあたりだとか、入るときれいっぽいところにいくつかハイライトを入れておわり。
設定では空色の瞳なのに全然空色じゃない…


メイキング11

服を塗ります。
よくわかんないときは、全体が見えるとこまで画面を縮小して、それっぽいとこに大きいブラシでざっくり塗るといいと思います。
後でそれっぽく形を整えればいいかなとか。

一段濃くなるところに影を入れます。
こういう、影のところだけにさらに影を入れたいときは、最初の影のレイヤーをコピーして
そのレイヤーの「不透明度を保護」にチェックを入れて、
塗りたいところだけ塗り足すといいかんじです。

全体にモノトーンだと寂しいので、大きいブラシでそれっぽく紫の影を入れました。
うわあてきとう…

忘れてたので、ここで腕のマークも同じような要領で塗っておきます。


【とりあえずまとめ】

完成…?


時間切れなので、一応これで一旦完了にしました。
画像を統合するときに発光レイヤーがうまくいかないことがあります…が
他の画像と統合したりグループ化してから統合ーとかやるとうまくいったりします。

とりあえずここまで。あとはちょこざいなな小手先編集をして、だいたいおわりです。
スポンサーサイト

テーマ: イラスト

ジャンル: ブログ

[edit]

trackback: 0  /  comment: 0  /  AC

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://springfeeling.blog111.fc2.com/tb.php/30-95b24805
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

counter

プロフィール

リンク

カテゴリ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。